安城市「芋車」は焼き芋とお菓子を楽しめる♪ 鬼まんじゅうは自然な甘みとこだわりモチモチ食感が◎

安城市・芋車

スイーツはいろんな種類がありますが、最近は芋スイーツも人気。

安城市にある「芋車(いもぐるま)」さんは、鬼まんじゅうや焼き芋、焼き芋ジェラートなど、さつまいもスイーツを楽しめるお店。2020年5月にオープンした新しいお店で、メニューにも店内のあちこちにも、オーナーさんのこだわりがたっぷり詰まっています。

みかん
みかん
さつまいもはときどき食べたくなっちゃいます♪ 芋車さんはこだわりがあっておいしそうだし、行ってみたい!

というわけで今回は、安城市の芋車さんへおやつを買いに行ってみました〜。

お店はわかりやすい場所でアクセス良好。駐車場はお店の向かいに2台分のスペース

芋車さんはスタバやカフェを始め、いろんなお店があるエリアの近く。JR東海道本線の「三河安城駅」から徒歩13分ほど(約1.1km)で、わかりやすい場所にあります。

安城市・芋車

安城市・芋車

車で向かう場合は、駐車場を前もってチェックしておくとスムーズ。

芋車さんのお店は上の写真にあるレトロな可愛い建物で、駐車場は道路を挟んだ向かいにあります。上のグーグルマップ左手にあるグレーの建物の前が芋車さんの駐車場で、2台分のスペースがあります(「芋車P」の看板あり)。

芋車さんは2020年10月現在、土日のみ10:30から営業。午前中は混雑することもあり、駐車場に空きがないことも・・。

芋車さん最寄りの三河安城駅は、周りにコインパーキングがたくさんあります。お店前の道は少し細く、路上駐車をすると迷惑になってしまうため、車で行くときはパーキングの利用も考えておくと良いかもです。

チーター
チーター
ちなみに三河安城駅のすぐ近くにある「三河安城駅北駐車場」は、30分以内なら無料、それ以降は1時間ごと100円でした。芋車さんまで10分ほどなので、参考にしてください。
安城市・芋車 安城市・芋車

今回は午後の空いているタイミングだったので、お店向かいの駐車場に停められました。お店はとっても良い感じで、木のぬくもりが感じられるレトロな外観。おいしいお菓子が楽しめそう♪

安城市・芋車

こちらは芋車さんのロゴが入った看板。こちらも味があっていい感じですが、お店のオーナーさんのこだわりが込められています。

安城市・芋車

大八車のイメージ(芋車さんにはまだありません 笑)。

芋車さんのオーナーさんは、上のような大八車で芋を売り歩きたいという夢があるそう。看板ロゴの芋と車の線がつながっていて車輪が描かれているのは、大八車のイメージだそうです。

みかん
みかん
芋車という店名も、お芋の「ちょっとほっこりする感じ」から決められたそうですよ。たしかにお店の名前と雰囲気がマッチしてる気がします◎
最近はキッチンカーも増えていますが、大八車で販売するお店も楽しそうですね〜♪
安城市・芋車 安城市・芋車

お店は入るとすぐにカウンターがある、コンパクトな空間。でもとても味と落ち着きがあって、いろんなところにオーナーさんのお芋への愛が感じられました(笑)

焼き芋ジェラートはひんやりしつつも焼き芋のほっこり感が!◎鬼まんじゅうの「いもこ」は、ほくほくで優しい甘みがうまー♪

芋車さんのメインは、鬼まんじゅう・焼き芋・焼き芋ジェラートなど。さつまいもは時期があるため、焼き芋は11月から、黒糖を使った鬼まんじゅうの「いもお」は、夏限定で9月末までの販売です。

今回注文したのはさつまいもを使ったジェラート(税込300円)と、鬼まんじゅうの「いもこ(税込150円)」。いもこは芋車さんの看板商品で、味をプレーンと塩から選べます。今回は両方ともゲット♫ お手頃価格なのも嬉しいです◎

みかん
みかん
ちなみに最近の芋車さんは開店前に列ができることもあるよう。鬼まんじゅうは予約できるので、前もってインスタで予約しておくと確実ですよ。
安城市・芋車

こちらがさつまいものジェラート。ぱっと見は普通のジェラートのように見えますが、焼き芋(スイートポテトかも)がたくさん入っていて、食感とさつまいもの甘味を楽しめます♪

食べてみると、これはうま〜♪ バニラの甘さとさつまいもの自然な甘み&ほっこりした食感がしっかりマッチして、新しい感じ◎これはお芋好きなら、きっと楽しめますよ。

ちなみに芋車さんは店内に食べるスペースがないため、ジェラートは持ち帰りになります。

安城市・芋車

続いてこちらは鬼まんじゅうの「いもこ」。オーナーさんに許可を得て、出来上がりに近いものを撮影させていただきました。

いもこはネーミングも可愛いですが、味もしっかりこだわっています。鬼まんじゅうならではのモチモチ食感にもこだわっていて、表面の仕上がりもていねい。こちらもおいしそう!

安城市・芋車

というわけで、家に帰っていただきます♪ 上の3つはどれも「いもこ」ですが、真ん中が塩で左右の2つはプレーン。見た目の違いはほとんどありません。

みかん
みかん
ちなみになぜかゴーヤが置いてありますが、オーナーさんのおばあさんが作られているそうで、ちょうどタイミング良くいただいてしまいました(汗)芋車さん、ありがとうございます!
安城市・芋車

いもこはプレーンと塩、両方ともオイシイ♪ 焼き芋の甘みともちっとした食感をしっかり味わえて、若い人からご年配の方まで楽しめる味わい。自宅用に買うのも良いですし、手土産などにも良さそうです◎

初めて食べるならプレーンがオススメですが、塩もうましです。甘みの中にほど良い塩味がプラスされて、プレーンとはまた違う味になっています。

鬼まんじゅうの食感は少し固めですが、これは「あえてそうしている」とのこと。かといって固すぎる感じはなく、食べごたえがあってイイですよ♫

訪問したのは2020年10月。ちょうど秋の季節で、さつまいもがおいしい時期!良いおやつタイムを楽しめました〜。

みかん
みかん
芋車さんの鬼まんじゅう「いもこ」と焼き芋ジェラートは、とってもおいし♪ モチモチ食感も自然な甘みも満足でした〜。

オーナーさんはもともと牧場で働かれていて、農業を学びたくなって2015年ごろから芋車をスタート。そこからいろんなお店での出張販売などを経て、2020年5月に安城のお店をオープンされました。

ちょうど空いている時間だったのでお喋りさせてもらいましたが、オーナーさんはとっても面白いです(笑)お芋へのこだわりというか愛が感じられて、芋車のお店も楽しく営業されている印象。

もちろん大変なこともあると思いますが、いろんなお店や農業の方との出会いから、芋車さんのお菓子は広がっていきそうな感じがしました♪

芋車さんは個性が感じられて、おいしい&面白いお店♪ さつまいもにもしっかりこだわっていて、お店も楽しく運営されているのが伝わってきて、スゴイな〜と思いました。
駐車場が2台で最近はリピーターさんも増えて日によっては行列もできるようなので、できれば予約が確実。車で行く場合は近くのパーキングも考えてみてくださいね。
あと、芋車さんは定期的に芋掘り体験も1,500円で開催しているので、こちらも気になったら、インスタやFacebookで情報をチェックです♪
チーター
チーター

それでは芋車さん、ありがとうございました〜。

【芋車】
いもぐるま
店舗情報

住所 安城市篠目町向81-1
営業時間 土日のみ営業
土曜日:10:30~16:00
日曜日:10:30~15:00
駐車場 あり
(お店向かいに2台分)
予約 OK
カード払い NG
公式サイト 芋車・公式HP
SNS Instagram(@imoguruma)
Facebook(@imoguruma)

【MAP】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。