南知多・内海の小枡園(こますえん)の活アナゴ膳は美味しさバツグン!期間限定なので要チェック♪

南知多内海・小枡園(こますえん)

海鮮を楽しむなら、南知多・内海はおすすめのエリア。「小枡園(こますえん)」さんは知多の新鮮な魚介料理を食べることができるお店です。

小枡園さんのメニューには季節限定のものもあり、夏限定の「活アナゴ膳」はそのひとつ。スタミナ満点ながら女性にも人気で、オススメです。

みかん
みかん
夏といえばうなぎも良いですが、アナゴはうなぎよりヘルシーなんだそう。私もアナゴは大好きなので、これは気になるな〜。

というわけで今回は、南知多・内海にある小枡園さんの活アナゴ膳を食べに行ってみました〜。

お店は観光スポット「つぶて浦」の向かい。アクセス良好で駐車場のスペースも十分

南知多内海・小枡園(こますえん)

小枡園さんは南知多・内海エリアのメイン通り、247号線沿いにあります。観光スポットの「つぶて浦」の向かいにあり、お出かけの食事で立ち寄るのもオススメ。小枡園さんは旅館も営業されています。

南知多内海・小枡園(こますえん) 南知多内海・小枡園(こますえん)

つぶて浦は海に向かって鳥居と大きな岩があり、鳥居は知多半島と三重県の伊勢神宮を結ぶように建てられています。パワースポットとして人気なので、お参りしておくのも良いですよ。

チーター
チーター
つぶて浦は15分ほどあれば立ち寄れるスポット。すがすがしい気分になれて海もキレイに見ることができます。
レポートも参考にしてくださいね。
▶「内海の「つぶて浦」は南知多と伊勢神宮を結ぶパワースポット!海を見ながらお参り♪
南知多内海・小枡園(こますえん)

駐車場もしっかりスペースがあり、道(247号線)を挟んだお店の向かいにあります。近くにあるマンションに住む方の駐車場もあるので、場所を確認して利用しましょう。上の写真にある、白い建物すぐ横のスペースは大丈夫です。

南知多内海・小枡園(こますえん)

今回は活アナゴ膳を目当てに行ったので、前もって予約しておきました。

活アナゴ膳は夏限定のメニューで、2,500円(税抜)。時期は7・8月となっています。ただ、アナゴの状況によっては、6月でも楽しめる場合もあります。インスタFacebookで最新情報をチェックしてみてくださいね。

南知多内海・小枡園(こますえん) 南知多内海・小枡園(こますえん)
みかん
みかん
ちなみに活アナゴ膳以外のメニューもとてもおいしそう♪ 刺身定食や焼き魚定食も気になります(どちらも税抜1,480円)。小枡園さんのホームページにメニューが載っているので、合わせてチェックです。

店内は懐かしい感じで落ち着いた雰囲気。座敷席でゆったり食事できる♪

南知多内海・小枡園(こますえん) 南知多内海・小枡園(こますえん)

小枡園さんの店内は、情緒あふれる雰囲気。最近の新しい内装ではないものの、懐かしい感じがして落ち着きます。ちなみに昭和な感じはあるものの、きちんとキレイに保たれています。

南知多内海・小枡園(こますえん) 南知多内海・小枡園(こますえん)

お店を入ったすぐのところには、いろんな案内もあります。小枡園さんの「いわしの土佐煮」は、南知多のお土産としても人気です。

南知多内海・小枡園(こますえん) 南知多内海・小枡園(こますえん)

お店を入った右手に、食事のための座敷スペースがあります。海に近いお店らしいゆったりしたBGMが流れていて、のんびりと食事できます。

南知多内海・小枡園(こますえん) 南知多内海・小枡園(こますえん)

ちなみにうかがったときは年配の方も食事に来ていましたが、若いカップルの方もいました。海へのお出かけと合わせて、小枡園さんで食事を楽しむのも良いですよね〜。

夏限定の「活アナゴ膳」は文句ナシのオイシさ!そのまま&お茶漬けで2度楽しめる♪

南知多内海・小枡園(こますえん)

活アナゴ膳を注文してくつろいでいると、食事が到着〜。まずはメインの前に、2品食べることができます。

南知多内海・小枡園(こますえん)

こちらは「地ダコの柔らか煮」。内海の漁師さんが水揚げしているタコの中でも質の良いものを使い、柔らかくなるまでじっくりと炊き上げられています。味がしっかり染みていて、柔らかくておいしい!

チーター
チーター
普段食べるタコはプルプルしてるイメージですが、こちらのタコはめちゃ柔らかいです。少し甘めの味付けがまたウマしです♪
南知多内海・小枡園(こますえん)

こちらは上でも少し触れた、「いわしの土佐煮」。しっとりとしたいわしの身に鰹節がまぶされていて、これまたおいしい・・。この2品だけでも、何だかかなり楽しめます。

南知多内海・小枡園(こますえん) 南知多内海・小枡園(こますえん)

タコといわしを食べると、期待のアナゴがお吸い物付きで到着!フタを開けると、どかーんとアナゴが乗っています!

みかん
みかん
照りがやばい・・!もうこれは、食べる前から絶対おいしいやつです♪
南知多内海・小枡園(こますえん)

アナゴは知多半島の名産。アナゴ料理のお店もたくさんありますが、小枡園さんは伝承された秘伝の焼き方でアナゴを焼き、さらに秘伝のタレにくぐらせて丼に仕上げています。焼き加減もタレのキレイな照りも、食べる前から食欲をそそります!

南知多内海・小枡園(こますえん)

食べてみるとアナゴは柔らかく、甘めのタレでうなぎに近い味わい。これは間違いなしのオイシさです♪ 食べて良かった・・(笑)

南知多内海・小枡園(こますえん)

また、アナゴはお茶漬けでいただくこともできます。合わせて用意されている茶碗にごはんとアナゴを入れてネギ・わさび・ぶぶあられ(小さな丸い玉のあられ)を乗せ、出汁をかけていただきます。

くー、これまたうまい・・。
普通に食べるのとお茶漬けにするバランスは、お好みでどうぞ〜。
チーター
チーター
南知多内海・小枡園(こますえん)

お茶漬けにすると、アナゴはまた違った味わい。出汁とわさびでさっぱりと食べられて、こちらもめちゃオイシイです♪ さらさら食べられるので、後半にすると良いかもです。

南知多内海・小枡園(こますえん)

アナゴに夢中で写真に撮り損ねてしまったのですが、デザートにメロンも付いていました。最後にドリンクのコーヒーをいただき、食事終了。すごく満足なランチでした〜。

みかん
みかん
小枡園さんの活アナゴ膳はたまらないオイシさで大満足!お腹いっぱいになりましたが、もう少し食べたくなる味わいでした。アナゴはやっぱり素晴らしいですよね〜。
お店の方も「アナゴどうですか?」と気さくに声をかけていただき、とても良い方でした♪
普通に食べてもお茶漬けにしても、めちゃウマでした〜。最高です(笑)
男性にも女性にも、ちょっと良い食事をしたいときにはとてもオススメですよ。
チーター
チーター
みかん
みかん
ちなみに小枡園さんの周辺には、観光スポットもたくさんあります。花ひろば・荒熊神社・時間(とき)の森などはオススメなので、ぜひ合わせて出かけてみてくださいね。

【南知多お出かけスポットのレポ】

それでは小枡園さん、ありがとうございました〜。

【小枡園】
(こますえん)
店舗情報

住所 愛知県知多郡南知多町大字内海字小桝95-1
電話番号 0569-62-3400
営業時間 AM11:30〜PM14:30
PM17:00〜PM20:00
定休日 なし
駐車場 あり
カード支払い NG
公式サイト 小枡園公式HP
SNS Facebook(@zibasengyo)
Instagram(@minamichita_sakana)

【MAP】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。